おすすめの看護師求人転職サイト


おすすめの看護師求人転職サイトについてですが、看護師求人サイトは今とても数多くあります。看護師として求人転職情報を探したいと思った時に、どの情報サイトを見ればいいのか、正直迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

たくさんある中から看護師の求人サイトとしてお勧めのサイトとしては、検索しやすいサイトがいいと思います。漠然と求人情報が掲載されているよりは、どちらかといえば自分の希望通りに条件を指定して、検索をすることができるサイトができるサイトのほうがとても便利です。

例えば、勤務形態、雇用形態や、夜勤の有無なども条件として指定することができればとても便利だと思います。求人サイトでは、やはり検索しやすい事が看護師の求人転職に限らずお勧めです。

自分がこんな条件で働きたいと思っている場合に、その条件を指定してチェックすることができて条件通りの案件をすぐに見つける事ができればとても便利です。数多くある求人転職情報を抱えているサイトほど、こうした条件を指定して検索を一発でできるタイプの求人転職サイトは便利でしょう。

また、自分の条件を元にして、スカウトしてもらうサイトもあります。待っていれば条件に合う勤務先からスカウトしてもらうことができるので、待っている事ができる、探してもらえる、見つけてもらえるというメリットがありますから、スカウト機能があるサイトを探すようにするといいかもしれません。

自分で探すのと併用してスカウト機能が使えればとても便利です。

看護師求人サイトで、看護師の求人情報を探す際の注意


看護師の求人サイトを利用する上で注意したい点ですが、より多くの情報を収集し、そして自分の条件にあった求人先を見つけるために、複数の求人先へ一括応募する…という方法もあります。確かにそれも賢明な方法かもしれませんが、しかし応募した数の分だけ、求人先への対応に追われなければならないということをしっかり理解しておいて下さい。自分がいいなと思う案件があったとしても、1度に応募するのではなく、ちょっと時期をずらしてみるのも賢い方法だと思いますよ。応募した分だけ面接もありますし、その面接日の調整などもありますから、そのへんはしっかりと計算して行って下さい。

また、同様の理由で、複数の求人サイトに登録するのも、あまりオススメはできません。求人サイトによっては、会員登録を行ってからでないと、そのサイトを利用することができないようになっている場合もあります。利用は無料で行うことができますが、名前や住所、メールアドレス、その他必要事項を入力して会員にならなければ、そのサイトのサービスを利用することができない…というわけですね。ただ単に、複数の求人サイトを登録するだけならば、別に問題もありません。しかし、例えば、それぞれ会員登録した求人サイトで、それぞれ1つずつ自分が希望する魅力的な案件が見つかった場合、それぞれのサイトごとに対応を行わなければならなくなります。求人サイトが違えば、それぞれ提供しているサービスや、応募してから面接に至るまでの過程なども異なっていたりしますから、利用者が混乱してしまうことも無きにしも非ずです。それに、求人サイトによっては、自分が希望する条件を入力しておくことで、サイト側から「こういった案件がありますよ」といった求人を紹介してくれるところもあります。そして、自分が登録した複数の求人サイトから、それぞれが同じ医療機関の求人を紹介される場合ももちろん存在します。確かに、多くの求人サイトの情報を見ることができれば、それだけ自分の希望を満たした案件を見つけられる可能性も高いのですが、しかし複数登録は1つ~2つ程度にしておかないと、混乱してワケが判らないことにもなりかねません。

そして、雇用条件は、必ず書面で受け取るようにして下さい。労働基準法によって、雇用者は様々な項目を明示する義務があると定められています。後になってトラブルになってしまわないよう、必ず書面で受け取って、失くさずに保管して下さい。ちなみに、労働基準法によって定められている明示しなければならない項目というのは、労働契約の期間・就業の時間と従事する業務・始業/就業時間や所定労働時間を超える労働(つまり残業)の有無・休憩時間や休日/休暇・労働者を2組以上に分けて交代で就業する場合の就業時転換に関する事項・給与(退職金・賞与などを除く)の決定や計算、支払い方法/賃金の締め切り/支払時期に関する事項・退職に関する事項…が挙げられます。

あと、求人サイトを利用し、多種多様な情報を一気に収集したことで頭が混乱し、判断に迷ったりすることもあるかと思います。情報の収集、選択肢において視野が狭くなってしまったり、求人先の魅力的な誘惑にそそのかされて、冷静な判断ができないこともそう珍しいことではありません。「自分は大丈夫」と思っていても、いざ、数え切れないほどの案件を探し、それぞれの情報を閲覧したりしていると、だんだんとワケが判らなくなってくる…ということは誰にでもあり得ることです。もし、判断に迷った場合は、必ず家族や友人などに相談するようにして下さい。就職先を探すという行動は、自分が中心となって進めていかなければならないことですし、責任も自分にかかってきますが、しかしだからといって、1人で全てを背負って決めなければならない…というわけではありません。他人に相談することを忘れてしまう方もいらっしゃるようですが、判らなくなってきた時は、第三者からの冷静な判断や意見を知るためにも、必ず相談するようにして下さいね。

看護師の求人情報を求職中の看護師に紹介したり、医療機関と利用者の間に入って、有料で就職や転職の斡旋を行う人材紹介業を行う場合は、厚生労働省の許可が必要であると、職業安定法によって定められています。厚生労働省から許可を受けた求人サイトは、そのサイトを運営している事業者に対して、許認可番号が与えられます。この許認可番号は、求人サイトや、運営会社概要ページに必ず掲載されているはずですので、一応チェックしておくことが大切ですよ。許認可番号は、○○ーユー○○○○○○という表記になっています。最初の2桁の数字は、都道府県コードで、例えば東京ならば13、北海道ならば01、沖縄県ならば47…と、都道府県ごとに数字が異なっています。そして次のカタカナは、ユならば有料事業、ムならば無料事業となっています。最後の数字6桁は、事業者ごとに割り当てられている固有番号です。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

管理人による承認後に公開されます。

HTMLタグは使用できません。